Mihomusic

Miho Takekawa、今月末よりシアトルへ単身赴任。日-米-ラテンのサンドイッチ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2006年をカリフォルニアでしめる


お久しぶりです。これは、カリフォルニアは、パームデザートから書いています。

今年は、9月から大学の先生になって、良い事も嫌な事もたくさん学んでます。この仕事が心から好きか、と問われると返答に困るけれど、生徒達の上達を見ていると、それだけでうれしくなるよ。教える、なんて大げさな事じゃなくて、私の出会った素晴らしい先生方、音楽家から学んだインフォメーションを、私なりに生徒に伝えているだけ。と思ってやってます。

10月の終わりには、ムジカグラート氷見(富山県氷見市の3つの中学校が結成しているマーチング/シンフォニーバンド)がシアトルにきて、ワシントン大学のハスキーマーチングバンドとジョイントコンサート、そして音楽科で生の授業を体験する、というお手伝いをさせていただきました。http://www.geocities.jp/musicagrato/info-j.html
音楽を通じて、国際交流をする!

11月の終わりには、Miho & Diego Duo New CD "Quenarimba" のCDリリースコンサートを行いました。シアトルはあまり雪が降る所ではないのですが、その週に限って、大雪!学校はしまる、バスは止まる、で交通マヒしていたのにもかかわらず来てくれた観客の皆さん、そしてコンサート後のレセプションの食事を作ってくださった、シアトルのU-I Singersの日本人合唱団の方には、お礼の言葉もありません。

そして、12月。車で20時間ほどかけて、ここパームスプリングにきました。Miho & Diego Duoで仕事です。途中、サンフランシスコでDinner showで演奏して、パームデザートでは、ほとんど毎日、素敵なメキシカンレストランで夕食時の音楽を奏でています。1月には、コロンビア領事館のバックアップでコンサートをします。コロンビアの伝統曲を、ケーナ、サンポーニャ、マリンバで演奏しているため、サポートをしてもらっています。CDも100枚買ってくれるそうです。Gracias.

今の環境は、すごいよー。コロンビア人ご夫婦の所に2ヶ月、泊めてもらっているんだけれど、奥さんが英語話さない!って、勿論、日本語も話さない、って事は、スペイン語一色なのです。朝から晩まで!辞書を右手に、勇気を左手に、もう、スペイン語でも、なんでもこいって感じ。

最悪なのは、キファー サザーランドの”24”にはまっていること。仕事から帰ってきて、すごく疲れているのに、次のエピソードが見たくて、ほとんど中毒。これが嫌で、シリーズ物、見なかったのに!

自分の好きな事を追いかけて。自分の信じる道をいく。10年前にアメリカに来た理由を大切に。今年は、暖かいお正月を迎えます。アトピーも全然出てないし、胃も大切にしてる。心と体が一致したかな?今は、音楽を演奏させてもらっている感謝の気持ちでいっぱい。皆さん、良いお年を。そして、良い新年をお迎えください。いつも、サポートありがとう。

砂漠のパームデザートから、愛をおくります。いつか世界に平和がきますように。






  1. 2006/12/30(土) 14:34:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

うれしい!

パシフィックルスラン大学の仕事のオーディションと面接をパスしたよ~~~~~~ん!!!9月から大学勤めになる。おととい、やっぱりストレスが体にきたよ。ずっと練習とか、仕事とか片付けなきゃいけないものいっぱいで、ばたばたしていたでしょ。隣は、子供と犬が朝から泣くし。眠れてなかったのね。で、おととい大学の面接の前に、急にお腹がグルグル。。。。仕事パートーナーが(このところ頻繁に登場するDiego兄さん)車を運転してくれてたんだけど、途中の中華料理屋さんに飛び込みました。セーフ。そんなんして、自分が緊張しているのに気づきました。(遅いよねー、鈍感。。。)

オーディションも面接もスムーズにいきました。お腹がすっきりしたのと同時に、頭もすっきりして、リラックスできたの。他に何人候補者がいた、とかそういう事も全く気にならなくて、自分のベストを尽くす、ってことを目指したの。

ってなことで、色々とハプニングはありましたが、なんとか、仕事を頂くことが決定しました!!達成感あり。アメリカの移民として、信じて努力すれば必ずこの国でやっていける、というのを感じています。

この大学は、Steel drumもあったり、ガムラン楽器もあったりり、とても素敵なコンサートホールもあります。今から、色々とやりたい事が頭にあふれてきて、Calm downしなきゃです。

みんな、ありがとー。皆さんのおかげです。また、書くね。

Love
M
  1. 2006/08/31(木) 00:38:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

シアトルの夏は終わったみたい。。。

札幌から、私の札幌時代の英語の生徒さん(10歳の女の子)とお父さんが、こちらに遊びに来られ、プラス私の姉と姪も2週間ほどこちらにいて、すごいときは合計6人がウチに寝泊りしていました。子供にとって、人と住むという事は、自己中心になれないので良い勉強になるよねー、と姉と話していたけれど、結局一番自己チュウだったのは、この私のようだ。。。。ゲストがいるのに、全くウチに帰れ(ら)ないから、ゲストに”アー適当にやっててください”ってひどいホストファミリーだなー。皆に迷惑かけながら生きてます。

なんとパシフィックルスラン大学の打楽器講師の審査に通ってしまい、今ファイナリストに残ってます。来週の月曜日に大学に行って、マリンバ1曲、Timpani1曲、そして、教授軍の前で2人生徒を教えます。それから、個人面接です。もともとかなりリラックスしてアプライしたので、ここまで残ったのもWowという感じ。プレッシャーも何も感じてないのよね。ただ来週の月曜日に、音楽的、そして精神的にReadyにしなくちゃなので、ちゃんとメトロノーム使って練習してるわ。(本音、こんな私が大学なんぞで教えていいんかい?)

マリンバとアンデスの笛(ケーナとサンポーニャ)のMiho & Diego Duoが結構、受けてて。それが忙しいの。たくさん、ワシントン州のラテンフェスティバルやら、夏の音楽シリーズやらに呼ばれたりで、本当に感謝するのみです。今、CDを製作中。行くところで、CDはどこ?と言われるので、デモCDを作っています。1月か2月にOfficialのをリリースしますので、買ってね!ってどうやって日本で買えるのかなー?毎日、練習、リハーサル、コーヒー、赤ワイン漬け。今回、Diego兄さんから習ったこと:シンプルなものほど、難しい。彼の国の伝統的なリズムをマリンバで弾いているんだけど、これが!!!
音列はシンプルなんだけれど、フィーリングがしっくりこない。正しい音を弾くだけじゃなくて、心から弾くんだよ、って分かっていたようなふりしてたミホでしたが、Diego兄さんに本当の事を指摘された。まだまだ子供だなー、私は。

こちらでは、様々な人が助けてくれています。食事を作ってくださったり、日本食につれてってくださったり、コンサートに来てくださったり、大学の仕事を紹介してくださったり。。。もう、人生が300年あっても、ありがとうが言い切れないよ。私ができる事でお礼がしたいと思ってます。お陰で弱い胃も、ずっと元気です!!ちょっとのどを痛くしましたが、姉が持っていたのどにシュッとするスプレーと、ぺラックの薬でもう大丈夫。

写真、Up-dateしないとね。そのうち(いつだー?)します。
Gracias!





  1. 2006/08/24(木) 01:49:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

生きてるよ!

シアトルに到着して、ブログとか更新したり、友達とお茶に行ったり。。。なんて思っていたけれど、全く普通の人と正反対の生活で困っています。みんなが心配してくれてる健康には人1倍、いや10倍も気をつけている。ありがとう。昨日も友達が、ビタミンCのタブレットとスパニッシュワインをくれた。健康に気をつけなさい、という事だろうけれど、ワインはどーかなー?でも、赤ワインは健康に良いと信じてやみません;)

本当に本当に私は人に恵まれ、シアトルで音楽だけで今は食べさせてもらってます。もちろん、練習やリハーサル、そして新しい事など色々と学ぶことがあり、楽しい事だけじゃないけれど。私の場合、楽器運搬もサックスやトランペットの人とは違うのでどこに行くのにも女1人で”おーきな”バンを運転して、とうとう左手はトラックの運ちゃんと同じ色です。

仕事は、Steel drum、Marimba が中心で楽器の生まれ故郷の関係で、英語よりスペイン語を多く聞く日が増えてきています。新しくDuoを組みました。マルチ楽器屋(1つ以上の楽器をプロのレベルで弾く人)ケーナ/サンポーニャ(アンデスの笛)、ギター、ヴォーカルの沖縄系の顔したコロンビア人のDiego、という人です。アンデスの日本のメロディーの似ている事とか、お互い故郷を離れて、アメリカで移民として音楽で生活を立てていて、なかなか面白いDuoだよ。日本の曲から、ブラジル、ラテン、ジャズなどレパートリーが沢山で私はエキサイトしている。このDuoでは私はピアノも弾いててね。あー3才の頃からピアノやってます、とか人には自慢げに言ってるけれど、練習を真面目にやった最後の日は?ということで、友達からキーボードを借りて、ピアノの前に座って練習してます。ラテンジャズのピアノレッスンも取りました。私が1時間以上ピアノの前に座ってた?はい。やればできた。

インスピレーション。これが今はやり。ずっと音楽をやっていると、時々同じ曲を一週間に何度も弾くので、慣れてきちゃうんだよ。だから、毎日どこかから、誰かから沢山力をもらったり、インスピレーションを浴びる事によって、新しい私として、楽器にむかえると思ってる。マジに音楽やって、生活かけている人達の中にいるのは、最高のシャワーを浴びている感じ。

今日、何でPCの前に座っていられるか、というと、シアトルから1時間ほどの所にある、Pacific Lutheran Univeristyという大学の打楽器の先生のポジションがあいて、それの履歴書をまとめなければならないからなの。さーどーなるかなー?

昨日は、Grupo Samayっていうアンデスのお兄さん達と仕事だった。http://www.gruposamay.net/ どっかで日本とつながってたでしょ?って日本語で思いっきり話しちゃった。

みんな、ありがとねー。ミホはいきてるよー。おもいっきり。クリスチャンも明日シアトルにくるし。少し肩の荷を降ろせるかな?レバノン人の友達のいとこが3人亡くなりました。いつか、平和のために音楽活動ができるようになりたいです。

文句を言う事、嫌う事、あきらめる事は簡単。簡単なこと嫌いなんだよねー、あたし。うはは。やるしかないっしょ。みんなのサポートと愛情を感じて、やってます。

多謝。



  1. 2006/07/28(金) 05:52:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シアトル到着

5月28日に成田を発ち、5月28日の朝にシアトル到着。今は、来て4日目の昼食を作って食べているところです。中華丼を作りました。うーん、シアトルで中華丼。。。みんな私の胃が弱いの知っているでしょう。何はともあれ、無事にこちらで夜な夜な、ワイン、音楽、友達との再会をしていまーす。練習も仕事もしてまーす。まずはそのご報告まで。アメリカのオレンジジュースがとても美味しく感じるわ。
  1. 2006/06/02(金) 04:02:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。